学校や家族ムリでも居場所ある 子どもたちに呼びかけ

石川春菜
[PR]

 各地で夏休みが明けるこの時期、子どもたちは登校がつらいなど様々な悩みを抱えやすい。コロナ禍のストレスも重なっており、専門家らは「いつも以上に様子を気にかけて」と呼びかける。

 18歳以下を対象にした相談窓口を運営するNPO法人チャイルドライン支援センター(東京都)が、2009年度からの10年間の相談について分析したところ、「死にたい」という内容は、夏休みと夏休み明けの8、9月が、進路などの悩みを抱えやすい1~4月とともに多かった。

 また今年は、コロナ禍で家にいる時間が長いためか、家族関係の悩みの相談が増えている。小林純子・代表理事は例年以上に注意が必要だとして、「周りの大人は子どもに声をかけるなどして、『あなたのことを気にしているよ』とサインを送ってほしい」という。

 子どもの話を聞くときは、否定せず、どうしたいかよく聞く。子どもの気持ちを聞かずに学校に相談するなど、大人が慌てて行動せず、「子どもに寄り添い、一緒に歩んで」と呼びかける。

 学校や家庭以外の居場所を確保することも大切だ。ウェブサイト「#学校ムリでもここあるよ」(https://cocoaru.org/別ウインドウで開きます)では、近くの無料で利用できる遊び場や子ども食堂、相談先などを検索できる。居場所などの更新は9月30日までで、33都道府県の128カ所(8月26日現在)が登録されている。(石川春菜)

子どもの悩みの相談先

◆「チャイルドライン」フリーダイヤル 0120・99・7777(毎日午後4~9時)

◆「生きづらびっと」LINE @yorisoi-chat(日、月、火、木、金曜は午後5時~10時半、水曜は午前11時~午後4時半・受け付けは終了30分前まで)

◆「こころのほっとチャット」LINE、ツイッターフェイスブック @kokorohotchat(毎日正午~午後3時50分、午後5時~8時50分、午後9時~11時50分・受け付けは終了50分前まで)

◆「24時間子どもSOSダイヤル」フリーダイヤル 0120・0・78310