大阪府寝屋川市、休み明けはオンライン授業 コロナ対応

新型コロナウイルス

[PR]

 新型コロナウイルスの感染急拡大を受け、大阪府寝屋川市は20日、市立の小中学校について夏休み明けの登校を見合わせ、オンライン授業を行うと発表した。

 通常の授業時間には含まず、学習の保障として行う。期間は23~27日。登校は30日から開始する予定だが、感染の状況によって延長する可能性がある。対象となる市内の児童・生徒は、計約1万5800人。

 同市では、昨年12月までに小中学校の全児童・生徒にタブレット端末を配布。授業は、オンライン会議システム「Zoom」を活用し、ライブ配信する。端末は携帯電話の回線を介するLTE対応になっており、家にインターネット通信の環境がなくても利用できる。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]