敦賀気比が序盤に大量リード 日本文理の追い上げかわす

[PR]

(20日、高校野球選手権大会 敦賀気比8-6日本文理)

 敦賀気比は序盤のリードが生きた。一回に前川誠太の犠飛で先制し、二回は下位の森田世羅、長尾朝陽の連打など6長短打を集めて一挙、5点を奪った。日本文理も14安打と打ち負けず九回は2点差にまで詰め寄ったが、最後は三つ目の併殺で反撃を断たれた。