県内のトップを切って新米初出荷 高島市

松浦和夫
[PR]

 極早生(ごくわせ)品種ハナエチゼンの新米が20日、JAレーク滋賀の今津営農経済センター(高島市今津町)から初出荷された。滋賀県内で最も早く、21日にも量販店で販売されるという。

 今津町は早場米産地として知られ、町内のおよそ2割の田んぼ約100ヘクタールでハナエチゼンが栽培されている。今年は春先の気温が低く、生育が遅れ気味だった。しかし、7月下旬から天候に恵まれ、作柄は平年並みまでに回復。この日、出荷された約22トンはすべて1等級と認定された。

 ハナエチゼンは今月下旬まで稲刈りが続き、計約540トンが出荷されるという。(松浦和夫)