イベルメクチンの新型コロナへの効果 現時点では不確実

酒井健司
[PR]

 抗寄生虫薬「イベルメクチン」が新型コロナに効くかもしれないという話があります。イベルメクチンはサハラ以南のアフリカを中心に流行していた河川盲目症という寄生虫による失明から多くの人達を救った素晴らしい薬です。開発した大村智先生は2015年にノーベル生理学医学賞を受賞されました。本来は寄生虫に対する薬ですが、試験管内では抗ウイルス作用を示しており新型コロナにも効く可能性はあります。しかし、現時点では新型コロナに対して予防や治療に効果があるという明確なエビデンスはなく、効くのか効かないのかは結論は出せません。

 一方で「1回飲むだけでよく効いて副作用がない」と言っている人もいます。確かに比較的安全な薬ではありますが、「副作用がない」は言い過ぎです。添付文書によりますと数%に悪心、嘔吐(おうと)、肝障害、白血球減少などが生じます。また、重大な副作用として頻度不明ですが中毒性表皮壊死(えし)融解症があります。重篤な薬剤性の皮膚障害の一つで高熱が出て全身に紅斑や水疱(すいほう)ができます。副作用という不利益を上回る効果が確認されているのならいいのですが、新型コロナに対するイベルメクチンには効果は確認されていません。もしかすると、副作用だけあって効果がないかもしれません。

 医師の裁量の範囲内として、十分な説明と同意の上でエビデンスが不確実なまま薬を使うことはあります。この場合は「イベルメクチンの効果は不確かで、まれではあるが重篤な副作用が起きることもある」と患者さんに説明しなければなりません。「よく効いて副作用がない」と説明してイベルメクチンを使っている臨床医がいたとしたら不適切でしょう。なんとか新型コロナと戦おうと熱意を持って診療する臨床医には敬意を表しますが、患者さんは正しい情報を提供される権利があります。

 「イベルメクチンを投与すると良くなった」という事例を積み重ねても効果を証明するには不十分です。薬の効果を本当に確認するには、質の高いランダム化比較試験が必要です。こういうことを申し上げると「命がかかっているのにそんな悠長なことは言っていられない」「論文遊びより目の前の人の命を救うほうが大事」といった反応があります。

 患者さんがそう思うのは仕方ありません。しかし、プロフェッショナルである医療者はそうした考えに安易な流されてはいけません。エビデンスを軽視し、ランダム化比較試験を行わないほうが非倫理的です。効果が不確かなまま副作用のある薬を使い続けることで長期的には多くの患者さんの命を失うことにつながりかねません。供給量も限られていますので、イベルメクチンの効果が確認されている寄生虫に感染した患者さんに薬が届きにくくなることも考えられます。WHOは臨床試験以外でのイベルメクチンの使用を推奨していませんが、こうした理由からです。

 「製薬会社がもうからないから安いイベルメクチンは完全に無視されている」「利権による妨害にあっている」という意見も耳にします。しかし、イベルメクチンより安いデキサメタゾンはかなり早い段階から効果が認められました。薬価が安い薬でもきちんとランダム化比較試験で効果が証明されれば、標準医療となって世界中で使われるのです。私はイベルメクチンが効かないと言っているわけではありません。軽症者に使える飲み薬があればどんなにいいことでしょう。海外でも日本でもイベルメクチンの臨床試験が進行中です。質の高いランダム化比較試験で効果が示され、多くの患者さんに利益につながることを期待しています。(酒井健司)

酒井健司
酒井健司(さかい・けんじ)内科医
1971年、福岡県生まれ。1996年九州大学医学部卒。九州大学第一内科入局。福岡市内の一般病院に内科医として勤務。趣味は読書と釣り。医療は奥が深いです。教科書や医学雑誌には、ちょっとした患者さんの疑問や不満などは書いていません。どうか教えてください。みなさんと一緒に考えるのが、このコラムの狙いです。