ドイツ局記者の家族殺害 「タリバンが組織的に捜索」

有料会員記事アフガニスタン情勢

ベルリン=野島淳
[PR]

 ドイツの国際公共放送ドイチェ・ウェレ(DW)は19日、同放送の記者の家族1人がアフガニスタンで、イスラム主義勢力タリバンに殺害され、別の1人が重傷を負ったことを明らかにした。タリバンは現地でこの記者を見つけ出すため、一軒ずつ捜し回っていたという。ただ、この記者は事件当時ドイツにいた。少なくとも3人のDW記者の家が襲われたとしている。

 DWは「想像を絶する悲劇で、我々の社員と家族が置かれた深刻な危機を示している。タリバンはカブールや地方で記者の組織的な捜索をしているようだ。我々には時間がない」とし、政府に対応を求めた。

 北大西洋条約機構(NATO)加盟国のドイツは今年6月末まで約20年、アフガニスタンに約16万人の兵士を送り込んでいた。

 タリバン幹部は17日の記者…

この記事は有料会員記事です。残り268文字有料会員になると続きをお読みいただけます。