「宣言慣れ」を回避へ 山形県が飲食店時短以外の新対策

新型コロナウイルス

鷲田智憲、鵜沼照都
[PR]

 新型コロナウイルスの急拡大を受け、山形県は20日~9月12日を「感染拡大防止特別集中期間」と決めた。県民や事業者、学校それぞれに感染防止の目標を掲げて協力を求めつつ、1日当たりの新規感染者を1桁に抑えるよう目指す。

 20日の危機対策本部員会議で決めた。

 県民には「会食はいつもいる人と3人以内で1時間程度」と求めつつ、事業者には「県外出張を普段の半分に減らす」ことなどを要請。学校でクラスター(感染者集団)が相次いだことから、「部活動は自校内に限定」や「県外への修学旅行の延期」を求めた。

 7月下旬以降の感染の「第5波」では飲食店でクラスターが確認されていない。このため、吉村美栄子知事は「時間短縮営業の要請をするには説明がつかない」とし、新たに個別の目標を掲げた対策をとることにした。また、医療専門家から「宣言慣れしている」との懸念が出たことも考慮したという。

 また、20日の新規感染者が過去最多の18人となった鶴岡市は、市独自の「特別警戒」を発出。市関連行事を中止するなどして人の流れを抑える。9月12日まで。(鷲田智憲、鵜沼照都)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]