都心一等地「建設反対」で揺れた港区の児童相談所は今

有料会員記事

浜田知宏
[PR]

現場へ! 変革期の東京・児童相談所⑤

 東京メトロ表参道駅から徒歩5分。青山通りを歩いて路地に入ると、高級ブティックが入った複合商業施設の目の前に「港区子ども家庭総合支援センター」がある。

 約1千坪の敷地に立つ4階建ての建物は3年前、「都心の一等地に建設予定の児童相談所(児相)」として注目を集めた。

 「この場所になぜつくらなければならないのか」「土地の価値を下げないでいただきたい」「着飾った両親がカフェでおしゃれをしている。(保護された子どもが)ギャップを感じるのでは」

 当時の住民説明会では、時に怒声が飛び交うほどの反対の声があがった。その様子をメディアも、連日のように話題に取り上げた。

 当時、東京都港区の児童相談…

この記事は有料会員記事です。残り969文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら