元甲子園球児の父追って大阪桐蔭に 好球必打で日本一へ

甲斐江里子
[PR]

 夏の甲子園に出場している大阪桐蔭の山下来球(ききゅう)君(3年)の名前は父・豊さん(46)が付けた。豊さんも甲子園の出場経験がある。来球君は父と磨いたバッティングで、チームを勝利に導く一本を打ちたいと考えている。

 豊さんの出身校は柳ケ浦(大分)で、甲子園には2、3年の夏にそれぞれ出場した。野球の道に進んでほしいと願って、長男を「来球」と名付けた。

 幼いころから来球君の家には野球道具があった。豊さんとよくキャッチボールもしていた。自然と野球をする環境が整っていた。

 豊さんは「甲子園の雰囲気は行ったやつにしかわからん。甲子園目指してがんばれ」と来球君に繰り返し伝えてきた。

 幼いころは「(父のことを)別にすごいとは思っていなかった」とふり返る。だが野球を続けるなかで、甲子園に出場することの難しさが分かるようになり、その偉大さに気づいた。自分も甲子園でプレーしたいと思うようになった。

 大阪市東淀川区出身の来球君。小学生のころから、豊さんと一緒に週に3回ほど、兵庫県尼崎市のバッティングセンターに通った。「ホームランを狙う気持ちも分かるけど、内野の間を抜けるバッティングをした方がいい」とアドバイスをもらい、ミート力とシャープな打撃を磨いた。

 中学3年時には、硬式野球チーム「大淀ボーイズ」の4番として全国優勝を果たした。高校でも日本一になりたい、と大阪桐蔭の門をたたいた。

 今春の選抜大会、豊さんも立った聖地で試合をした。「広い。きれいなとこやな」。わくわくした。五回2死一、二塁の好機で代打で入ったが、右飛に打ち取られた。

 豊さんは試合後、「甲子園でできてよかったな。でも本当はもっと打たなあかんし、勝たなあかん」と叱咤(しった)激励した。

 来球君にとって2度目の甲子園。豊さんは「これまで練習を重ねてきた。あとは名前の通り、来た球を思い切り振ってほしい」と息子に期待をかける。豊さんの甲子園での最高成績は2回戦進出。来球君は「日本一になって父を超え、成長した姿を見せたい」と気合十分だ。(甲斐江里子)