東京メトロ駅員が遺体で発見 トイレ盗撮関与認めた翌日

[PR]

 東京メトロは20日、有楽町線・副都心線の地下鉄成増駅(板橋区)の女性用トイレで、この駅で勤務する20代の男性駅員が盗撮をしていた疑いがあると発表した。再発防止策として、全駅のトイレ内を点検し、異常がないことを確認したという。

 同社によると、3月12日、トイレの個室ドアの内側の掲示物にカメラが取り付けてあることが判明し、駅側が110番通報した。8月18日に同社が聞き取り調査したところ、この男性駅員が関与を認めたという。男性駅員は翌日になって遺体で見つかった。同社によると、自殺とみられるとしている。