「年齢確認されたい」オリの左腕 20歳を前に11勝目

佐藤祐生
[PR]

 (21日、プロ野球 オリックスバファローズ2―0埼玉西武ライオンズ)

 オリックスの宮城大弥(ひろや)は、ボール先行が続いた一回を終えると、捕手の伏見寅威(とらい)や高山郁夫投手コーチに相談した。「ちょっとやってみます」

 宮城は左右の打者でプレートの踏む位置を変えている。球に角度をつけるために、元々は一塁側の端を踏んで投げていた。だが、左打者の内角へは投げづらくなるため、昨季から左打者には三塁側を踏んで投げるようにしていた。

 この日はスライダーがいつもより曲がりすぎた。左打者から見て大きく外にそれてしまっていた。「ボール球が多くなり、自分が苦しくなる」。とっさの思いつきで、二回から踏む位置を一塁側に固定した。

 「リセットできた」。持ち前の緩急を自在に操った投球で、ピンチを招きつつも7回を無失点で切り抜けた。「何とか踏ん張れた。急でも対応できたのは良いこと。迷った時の選択肢としてあるのはいい」

 東京五輪による中断期間で、前半戦の疲労を取って臨んだ後半戦。再開から2連勝を挙げ、10代最後とされる登板を両リーグトップの11勝目で締めくくった。

 25日には20歳を迎える。「年齢確認に憧れがあります」「免許を取って、いい車に乗りたい」と高卒2年目左腕。後輩投手の山下舜平大(しゅんぺいた)らを「来いよ」とコンビニに誘い出し、帰りに年齢確認をされたいと夢を語る。「後輩を乗せてちょっとしゃしゃり(出)たい」。ベテランのようなマウンド姿と違い、試合後はあどけなさにあふれていた。(佐藤祐生)

 T―岡田(オ) 六回に先制の右越え適時二塁打を放つなど2打点。「後半戦でやっとチームの力になれたかなとほっとしている」