わずか3球で降板のエース 1年生投手にかけた言葉

福地慶太郎
[PR]

 先輩の悔しさを胸に、次こそ甲子園で勝利を――。福島代表として夏の甲子園に出場した日大東北は、ベンチ入り選手18人のうち7人が1、2年生だった。20日の初戦には、そのうち5人が出場し、持ち味を発揮したが、白星には届かず、新チームでの雪辱を誓った。

 近江(滋賀)に敗れ、ベンチから引き上げる日大東北の選手たち。その時、エースの吉田達也(3年)は堀米(ほりこめ)涼太(1年)に優しく声をかけた。「よく投げてくれた。もう1回、ここに戻ってこい」。堀米は、あふれる涙を何度も手でぬぐい、言葉を胸に刻んだ。

 試合は、チームの大黒柱の吉田が相手打者の打球を右足に受け、わずか3球で降板。継いだ星拳翔(けんしょう、3年)が3点を失い、堀米は二回無死一塁から登板した。「コースを突き、気持ちでも負けないように」。最初の打者に送りバントこそ許したが、空振り三振と中飛で後続を断った。三回2死一、三塁、四回2死満塁のピンチも三振で切り抜ける力投を見せたが、その後は4失点と力尽きた。

 「達也さんの思いを受け継ぎ、死ぬ気で野球に取り組む。甲子園で勝てる投手をめざす」。試合後、堀米は決意を口にした。宗像忠典監督は、ともにベンチ入りした双子の兄で捕手の堀米翔太(1年)とともに「二人でチームを引っ張ってほしい」と期待を込めた。

 翔太は「弟の成長ぶりに刺激をもらった」。代走で出場した槌谷蒼太(1年)は「自分もチームもレベルアップして甲子園に戻ってきたい」。遊撃手で先発出場した山下日南太(ひなた、2年)は「学ぶことがたくさんあった。来年、必ず(甲子園に)戻る」と前を向いた。

 20日の試合は、要所を締める守りの連係プレーが光った。五回1死一、三塁から一塁走者が二盗を仕掛けると、主将で二塁手の松川侑矢(3年)が投手と二塁ベースの間に入り、三塁走者を警戒。動きがないと見て捕手の奈須優翔(ゆうと、2年)の二塁への送球はカットせず、捕球した遊撃手の山下が一塁走者をタッチアウトにした。七回は、スクイズを試みた相手の打球を、投手の馬場央典(おうすけ、3年)が奈須にグラブトスし、追加点を防いだ。

 奈須は言う。「今年は3年生を中心に、本当にまとまりのあるチームだった。自分たちも来年、こういうチームを作って、またこの舞台に戻って来たい」福地慶太郎