吹奏楽四国大会、松山市立西中などが金賞 全国大会へ 

有料会員記事

天野光一
[PR]

 第69回全日本吹奏楽コンクール四国支部大会(四国吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)の2日目が21日、松山市の市民会館大ホールであった。中学Aと大学の各部門に四国4県から計23団体が出場し、中学Aで7団体、大学で2団体が金賞に輝いた。

 金賞の9団体のうち、中学Aで松山市立西中学校(愛媛)と徳島市城東中学校(徳島)、大学で四国大学(徳島)が四国代表に選ばれ、全日本吹奏楽コンクールに出場する。最終日の22日は高校A、職場・一般の各部門がある。

 全日本は、中学の部が10月23日に名古屋市名古屋国際会議場、大学の部は同30日に高松市のレクザムホールで開かれる。

 21日の成績は次の通り…

この記事は有料会員記事です。残り300文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら