首位・川崎無敗守るも、「天敵」は一筋縄とはいかず

有料会員記事

辻隆徳
[PR]

(21日、J1=サンフレッチェ広島1―1川崎フロンターレ)

 やはり天敵との試合は一筋縄ではいかなかった。

 首位・川崎フロンターレがなんとか勝ち点1を確保し、昨季から続くリーグ戦の連続試合無敗記録を「30」に伸ばした。苦しめたのは、鬼木体制になって、過去に「無敗」を2度止められたことのあるサンフレッチェ広島だった。

 2017年に鬼木監督が就任してから、この試合前までの広島とのリーグ戦通算成績は6勝2敗1分け。決して苦手な相手ではないはず。だが、この2敗はいずれもリーグ戦の無敗記録を止められたものだ。18年は「19」、19年は「15」で負けなしが途切れた。

 そして、迎えたこの日。鬼木…

この記事は有料会員記事です。残り455文字有料会員になると続きをお読みいただけます。