大使の香取慎吾さん「パラには社会を変える力がある」

榊原一生
[PR]

 東京パラリンピック開幕を2日後に控えた22日、国際パラリンピック委員会(IPC)特別親善大使を務める元SMAPの香取慎吾さんと稲垣吾郎さん、草彅剛さんの3人が東京都内で会見し、それぞれ大会に向けた思いを語った。

 3人は2018年7月にIPCのアンドリュー・パーソンズ会長から要請を受け、大会やパラスポーツの盛り上げ役を担ってきた。稲垣さんは「ようやく選手たちの力を発揮する集大成の舞台が始まる。超人的なパフォーマンスが見られることを楽しみにしている」。

 草彅さんは車いすバスケットボールのパトリック・アンダーソン選手(カナダ)や水泳の鈴木孝幸選手らと対談した経験を振り返り、「勇気をもらった。勝負におけるここぞの集中力とともに、過去の自分に打ち勝つ、そんな素晴らしいパフォーマンスを期待している」と語った。

 香取さんは大会への理解を広げるため、パラスポーツの競技団体を支えるパラリンピックサポートセンターに壁画を描いたり、18年平昌冬季パラリンピックを現地観戦して発信したりしてきた。会見では「パラリンピックは社会を変える力を持っている。自分が興味を持ったことで、障害のある人とコミュニケーションを取れるようにもなった。これ(大会)をきっかけに意思疎通がもっと膨らんでいけばいい、そう期待している」と話した。(榊原一生)