リスク抱えアクセル踏んだ横浜市長選 「菅離れ」不可避

有料会員記事横浜市長選挙

岡村夏樹
[PR]

 新型コロナウイルス禍の中、22日投開票された横浜市長選で当選を確実にしたのは「コロナの専門家」だった。元横浜市大教授の山中竹春氏(48)=立憲民主推薦。市が進めるカジノを含む統合型リゾート(IR)誘致の中止を訴え、支持を広げた。支援した元国家公安委員長小此木八郎氏(56)が敗れた菅義偉首相にとって、打撃は必至だ。

 コロナ感染に歯止めはかからず、内閣支持率が低迷したなかで迎えた横浜市長選。横浜を地盤とする菅義偉首相にとっては、市長選後に控える自民党総裁選衆院選を見据え、党内外の「菅離れ」を避けるために負けられない戦いだった。

 最後まで街頭には姿を現さなかった首相だが、小此木八郎国家公安委員長の当選に向けて選挙戦に公然と介入した。

 一部の地元企業には「衆議院議員 菅義偉」の名前で、小此木氏の支援を求める文書を送付。新田章文首相秘書官を現地入りさせ、自らも支援拡大を訴える電話を頻繁にかけた。側近の坂井学官房副長官が支持拡大を呼び掛けるビラ配りをしたほか、知名度のある河野太郎行政改革担当相や、小泉進次郎環境相も小此木氏の支援に動いた。

 全面支援にあたり、首相は政策の矛盾も意に介さなかった。

 小此木氏はIRの誘致とりや…

この記事は有料会員記事です。残り448文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

横浜市長選挙

横浜市長選挙

2021年8月8日告示、22日投開票。林文子市長が8月29日に3期目の任期終了。争点はカジノを含む統合型リゾート(IR)誘致や、コロナ禍の地域経済など[記事一覧へ]