豊島将之叡王が藤井聡太二冠に勝利、決着は最終第5局へ

村瀬信也
[PR]

 将棋の藤井聡太二冠(19)=王位・棋聖=が豊島将之叡王(31)=竜王と合わせ二冠=に挑戦する第6期叡王戦五番勝負(不二家主催)の第4局が22日、名古屋市で指され、豊島叡王が91手で勝って対戦成績を2勝2敗とした。最終第5局は9月13日、東京都渋谷区で行われる。

 先手の豊島叡王の作戦は「相懸(あいが)かり」。的確な指し手を続けてリードを奪い、押し切った。豊島叡王は「何とか追いついたという感じ。次は最終局なので、悔いがないように指せたら」。最年少での三冠まであと1勝として対局に臨んだ藤井二冠は「早い段階でミスが出てしまって残念。完敗だったので、最終局は精いっぱい戦って、勝負どころを作れるようにしたい」と話した。

 両者は王位戦七番勝負でも対戦している。第4局を終えて藤井二冠が3勝1敗とリードし、防衛まであと1勝に迫っている。第5局は今月24、25日に徳島市で指される。村瀬信也