龍谷大など4団体が全日本へ 関西吹奏楽コンクール

有料会員記事

渡辺七海、扇谷純
[PR]

 第71回関西吹奏楽コンクール(関西吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)は2日目の22日、奈良市奈良県文化会館で、大学と職場・一般の両部門があり、2府4県から23団体が出場。金賞の中から4団体が全日本吹奏楽コンクールの関西支部代表に選ばれた。

 代表となったのは、大学の部が龍谷大(京都)、職場・一般の部が宝塚市吹奏楽団、尼崎市吹奏楽団(兵庫)、創価学会関西吹奏楽団(大阪)。両部門の全日本吹奏楽コンクールは10月30、31日に高松市香川県県民ホールで催される。

 関西吹奏楽コンクールの中学Aと高校Aの両部門は、8月28、29日に和歌山市和歌山県民文化会館で開かれる。新型コロナウイルス感染防止のため、入場できるのは出場団体の関係者のみだが、ステージの模様はオンラインでライブ配信される。チケットは1日通しで2千円。申し込みは専用サイト(http://t.asahi.com/kansaisuisogaku別ウインドウで開きます)で。

 大学と職場・一般の両部門の…

この記事は有料会員記事です。残り313文字有料会員になると続きをお読みいただけます。