小此木氏「結果すべて出てから受け止める」 横浜市長選

横浜市長選挙

[PR]

2021横浜市長選挙

 小此木八郎氏(56)の事務所では、坂井学官房副長官、上田勇公明党神奈川県本部代表のあいさつに続き、小此木氏がマイクを握った。

 「どうもありがとうございました。感謝の言葉しかありません」と切り出した後、「結果はすべてが出てからしっかりと受け止めなければならない。政治の世界に手をあげて28年。選挙のたびに名前を書いて頂くこと自体がありがたい」と述べた。

 その上で、「横浜生まれ、横浜育ちと言って参ったが、どう地域、横浜に貢献できるか考えて参りたいが、いまは皆様に感謝の気持ちのみです。本当にありがとうございました」と述べた。その後、事務所に集まっていた国会議員や市議、支援者らに「ありがとうございました」と何度も繰り返しながら事務所を後にした。

横浜市長選挙

横浜市長選挙

2021年8月8日告示、22日投開票。林文子市長が8月29日に3期目の任期終了。争点はカジノを含む統合型リゾート(IR)誘致や、コロナ禍の地域経済など[記事一覧へ]