大阪桐蔭はスマホ禁止 漫画やK―POPが選手の楽しみ

甲斐江里子
[PR]

 大阪桐蔭の硬式野球部は全寮制。部員61人が寝食を共にしている。それぞれの部屋にテレビはなく、携帯電話を持つのは禁止。娯楽の少ない環境でも部員たちは音楽を聴いたり、漫画を読んだりして思い思いに時間を過ごしている。

 石川雄大君(3年)は漫画を愛する一人。「ワンピース」の全99巻、「キングダム」の全62巻を持っている。もともと父親のものだったが、寮に行くときに貸してもらった。「絶対に汚すな、と言われました」と石川君。ワンピースは何度読んでも新しい発見があるのが楽しいという。

 石川君と寮で同室の繁永晟君(3年)は野球漫画「バトルスタディーズ」にはまっている。PL学園野球部出身の漫画家が描くストーリーで、「漫画なので過剰に表現されている部分もあるけど、あるある、と思う部分があっておもしろい」と繁永君。

 寮の近くには本屋やコンビニがない。最新刊が出たらクラスの友人に買ってきてもらったり、学校の購買で買ったり。病院への行き帰りの途中で買うこともあるという。漫画は部員同士で貸し借りをして楽しんでいる。

 音楽ではK―POPがはやっているという。藤原夏暉(なつき)君(3年)は5人組の女性グループ「ITZY(イッジ)」がお気に入り。「大阪大会の決勝の日もバスの中で聞いていました」と明かす。寮では野間翔一郎君(3年)、花田旭君(3年)と同室。誰かが「NiziU(ニジュー)」や「TWICE」の曲を歌い始めると、自然とみんなが歌い出す。野間君は「歌詞とか全然わかんないけどリズムだけ適当に歌っています」と笑う。

 部員たちはスマホではなく音楽プレーヤーで曲を聴いている。数カ月に一度、家族と外食できる日に新しい曲を入れてきてもらうなどして、新曲を楽しんでいるという。

 甲子園期間中は寮ではなくホテル生活。雨での順延もあり、ホテルでの生活も長引いているが、寮から持ってきた漫画を読んだり、部屋に備え付けられたテレビを見たり、リラックスして過ごしているようだ。(甲斐江里子)