甲子園で急きょショートに 腰痛の主将を助けた2年生

竹中美貴
[PR]

(22日、高校野球選手権大会 長崎商6-2専大松戸)

 三回裏の専大松戸の守備で、遊撃手の大森駿太朗選手(2年)が、ゴロを素早く一塁手へ送球し、併殺を成功させた。千葉大会から大森選手の本来の守備位置は二塁手。だが甲子園では初戦に続き、石井詠己主将(3年)と守備位置を入れ替えて試合にのぞんだ。

 石井主将が、千葉大会準決勝の頃から腰を痛めていたための起用だったという。大森選手は「(遊撃手は)中学の選抜チームで数回やった程度」。その中でも堂々の守備をみせた。

 石井主将は「急にショートになったのによくやってくれた。自分たちは支えて、支えられてやってきたチーム。ここで終わるのが悔しい」と話した。(竹中美貴)