近江、「守備からリズム」で大阪桐蔭に勝利 光った堅守

山口史朗
[PR]

(23日、高校野球選手権大会 近江6-4大阪桐蔭)

 「打高投低」になって久しい高校野球で、近江が大切にし続けてきた信念がある。

 「守備からリズムを」

 二回までに4点を先制されても、滋賀大会6試合で4失策の堅守にほころびが出たわけではなかった。

 一回1死一、二塁では右翼手の明石楓大が右中間へのライナーを飛びついて好捕。三回は1年生の遊撃手横田悟が、後方への飛球を背走しながらつかみ取った。この二つのプレーがなかったら、点差はもっと開いていたかもしれない。

 野手の好プレーは先発山田陽翔に本来のリズムを取り戻させた。立ち上がりは浮いていた直球、スライダーがコースに決まり始める。三回を初めて無失点で切り抜けると、その裏のスクイズを皮切りに、1点ずつじわじわと追い上げていった。

 八回は捕手の島滝悠真が相手のヒットエンドランを読み切り、外角に外して盗塁阻止。その裏、対照的に大阪桐蔭の失策から得た満塁の好機。決勝の二塁打を放った山口蓮太朗は「試合終了まで1回もあきらめず、挑戦者の気持ちだった。最高の気持ちです」。山口史朗