多摩川の川底に不明男児?の遺体 川遊び中に流される

[PR]

 東京都奥多摩町の多摩川で川遊び中の男児(9)が流され、行方不明になっていた事故で、23日午前10時20分ごろ、流された場所から約2・5キロ下流で男児とみられる遺体が見つかった。警視庁東京消防庁への取材でわかった。

 警視庁青梅署によると、遺体は深さ3~4メートルの川底で見つかった。男児は、22日午前から母親や友人ら計6人で同町氷川の氷川キャンプ場近くに遊びに来ていた。男児が流された当時、前日までの雨で川は増水していたという。

 遺体が見つかった場所は数馬峡橋の約150メートル下流。