「私はルーク」 知事はスター・ウォーズを語り始めた

有料会員記事

中山直樹
[PR]

 自身はルーク、支援する女性候補はレイ、カイロ・レンは対立候補――。岩手県達増拓也知事(57)が20日の会見で、秋の衆院選をめぐる立場について、熱烈なファンを自認する映画スター・ウォーズ」最新3部作の登場人物の関係になぞらえて説明した。「ハッピーエンドになる」と強調するが、果たしてどのような結末を迎えるのか。

写真・図版
スター・ウォーズのPRイベントに出席した俳優ら。背景の左端がレイ、中央左がハン・ソロ、中央右がレイア姫。

衆院選めぐる問いに 「ルークは年を取った」

 「例えて言えば、スター・ウォーズの最新3部作の中で、最初の3部作で主役だったルーク・スカイウォーカーや仲間たちは年を取り、後進の指導をする世代になっている」

 岩手1区をめぐる動きについて、達増氏は突然、スター・ウォーズを引き合いに出し、語り始めた。

 1区の現職は立憲民主党所属…

この記事は有料会員記事です。残り1387文字有料会員になると続きをお読みいただけます。