郵便局の建設資金、目立つ局長関連団体の融資 背景は

有料会員記事

藤田知也
[PR]

 郵便局の移転先の局舎を郵便局長らが取得する際、局長の関連団体が建設資金などを融資する例が目立っている。朝日新聞の調べでは、過去3年の移転局の2割超に平均6269万円、計30億円超を貸していた。大半が局長向けの融資で、日本郵便が局長らに払う局舎の賃料を元手に、関連団体が融資利息を得ている。

 日本郵便が2018~20年…

この記事は有料会員記事です。残り1126文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら