• アピタル

東京で新たに2447人感染 先週月曜から515人減少

新型コロナウイルス

[PR]

 東京都は23日、新型コロナウイルスの感染者を新たに2447人確認したと発表した。前週の月曜日(16日)より515人減った。23日までの1週間平均の感染者数は4659・3人で、前週の109・0%となった。22日までの3日間の平均検査件数は9370・3件だった。人工呼吸器か体外式膜型人工肺(ECMO)を使用とする都基準の重症者数は前日より1人増えて272人だった。

 都はまた、新たに50~80代の男女5人が死亡したと明らかにした。そのうち50代男性と70代女性が自宅療養中だった。

 70代の女性は発熱の症状があり、11日に軽症と診断された。だが高齢であることや糖尿病を患っていることが考慮され、入院調整の対象に。だが入院先が見つからず自宅療養となり、19日に体調が急変して死亡した。都によると、入院調整中の死亡は「第5波」では初めてだという。

 都によると、23日の感染者2447人を年代別にみると、20代が744人で最多。30代が508人、40代が383人、10代が277人、50代が244人と続いた。65歳以上の高齢者は94人だった。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]