息子3人が公立小中高から東大へ 母が語る「節約教育」

有料会員記事

聞き手・高浜行人
[PR]

 3人の息子が全員、地元の公立小中高を経て東大に進学した女性がいます。千葉県船橋市の杉政光子さん(64)。子どもたちは自ら勉強し、教育費は最小限ですんだとのこと。どんな子育てをしたのでしょうか。詳しく聞いてみました。

 ――3人のお子さんの進路は。

 いずれも地元の公立小中学校から県立千葉高校に進みました。今は3人とも30代で、長男は1浪して文科Ⅰ類、次男は現役で文科Ⅱ類、三男は1浪して理科Ⅱ類に進学しました。いまは学習塾経営者や公務員、会社員として働いています。

 ――教育費はどのくらいかかりましたか。

 夫(67)は中堅私立大を出て、中小製造業者の役員をしていました。私は地方公立大出身の主婦。家計にあまり余裕はありません。最初から私立中学という選択はありませんでした。小学校では長男が行きたがっても塾には入れませんでした。

予備校は? 使った教材は?

 大学受験のときには、長男と…

この記事は有料会員記事です。残り3054文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら