アフガンへ自衛隊機派遣 現地の大使館スタッフら退避へ

有料会員記事アフガニスタン情勢

松山尚幹
【動画】アフガニスタンに向け自衛隊輸送機が出発
[PR]

 アフガニスタンのイスラム主義勢力タリバンによる政権掌握を受け、政府は23日の国家安全保障会議(NSC)で、国際機関で働く日本人のほか、在アフガニスタン日本大使館国際協力機構(JICA)の現地スタッフらを国外に退避させるため、自衛隊の輸送機を派遣することを決めた。岸信夫防衛相自衛隊法に基づき派遣命令を出した。

 派遣されるのは、航空自衛隊のC130輸送機2機と、C2輸送機1機。C2が23日夕、空自入間基地(埼玉県)を発った。

 今後、アフガニスタンの近隣国に拠点を設置。C130がアフガニスタンの首都カブールの空港との間をピストン輸送する計画だ。拠点からは、民間機で周辺国や日本などに運ぶ。対象には現地スタッフの家族も含める方針だが、空港外での移動支援は行わない。

自衛隊機の緊急輸送、外国人乗せるのは初めて

 輸送機の派遣にあたり、防衛…

この記事は有料会員記事です。残り483文字有料会員になると続きをお読みいただけます。