介助者が病室入れず重症化も れいわ議員、パラ中止要請

れいわ

北見英城
[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、れいわ新選組は23日、菅義偉首相小池百合子都知事らに東京パラリンピック(24日開幕)の中止を求める要請書を提出した。同党は所属する2人の参院議員がいずれも重度障害を抱えており、当事者の立場からパラリンピック中止を訴えた。

 要請書は同党参院議員で筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の舩後靖彦氏が、内閣官房の職員に手渡した。要請では、介助などが必要なパラリンピック選手が新型コロナに感染して入院した場合、「慣れた介助者・意思疎通支援者は病室に入れず、適切な介助や支援が受けられなくなる」と指摘。結果的に重症化するリスクが高まるとした。

 そのほか、医療体制の抜本的な強化として、100兆円以上の規模の補正予算の成立、五輪関係施設の活用、医療従事者への危険手当の支給などを訴えた。(北見英城)