横浜IR撤回で他の候補地は 推進維持も強まる不透明感

有料会員記事横浜市長選挙

木村聡史
[PR]

 観光施策として、国が進めてきたカジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致。横浜市長選で反対を訴えた野党系候補が当選したことで、横浜市は撤回する見通しとなった。誘致に名乗りを上げていた西日本の3都市は、この結果をどう受け止めたのか。

 名乗りを上げているのは大阪府・市と和歌山県長崎県だ。

 「選挙結果を市民がどう受け止めるかを注視する。手続きは粛々と進め、反対の市民にも理解を得られるよう努めたい」。長崎県佐世保市の担当者はこう語る。同市のテーマパーク「ハウステンボス」への誘致に向け、同県はオーストリアの国営企業傘下の「カジノ・オーストリア・インターナショナル・ジャパン」(東京)に運営事業者を絞り込み、月内にも正式決定する予定だ。

吉村知事「依存症対策を克服し丁寧に」

 横浜市長選では、誘致反対を…

この記事は有料会員記事です。残り2863文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
横浜市長選挙

横浜市長選挙

2021年8月8日告示、22日投開票。林文子市長が8月29日に3期目の任期終了。争点はカジノを含む統合型リゾート(IR)誘致や、コロナ禍の地域経済など[記事一覧へ]