大道芸ワールドカップ2年連続中止

新型コロナウイルス

和田翔太
[PR]

 静岡市中心部で毎年秋に開催される「大道芸ワールドカップ」が2年連続で中止となることが決まった。実行委員会が23日、発表した。新型コロナウイルスの感染拡大で、県内にも緊急事態宣言が発令されるなど収息の見通しが立たず、安心・安全な大会運営が困難と判断した。

 大道芸ワールドカップはまちの活性化などを目的に1992年から始まった。観客数は毎年100万人を超え、秋の一大イベントとなっている。今年は10月31日から11月3日までの開催を予定しており、国内のアーティストだけによる縮小開催も検討していた。

 杉山元実行委員長は「『今年こそは』との思いで模索してきたが、残念な報告となり、大変心苦しく思う」と話した。大会は中止となるが、ポスターデザインを担当した静岡デザイン専門学校の作品などはSNSやホームページで発信していくという。(和田翔太)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]