• アピタル

大阪市長「民間病院をコロナ専門に」 3カ所目めざす

新型コロナウイルス

本多由佳
[PR]

 大阪市松井一郎市長は24日、新型コロナウイルスの感染急拡大を受け、市内の民間病院をコロナ専門病院にしたい考えを表明した。中等症患者を受け入れてもらう方向で、すでに病院側と調整を進めているという。市立十三市民病院がコロナ専門病院として中等症向け70床を整備するなど、実現すれば大阪府内で3カ所目のコロナ専門病院となる。

 府内の軽症・中等症の入院患者は23日時点で2164人、府が確保している軽症・中等症病床(2567床)の使用率は84・3%にのぼる。重症患者は187人で、重症病床(588床)の使用率は31・8%。

 ワクチン接種が進んでいる高齢者の感染が減り、50代以下の感染が急拡大していることに伴い、軽症・中等症病床が逼迫(ひっぱく)している。(本多由佳)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]