オザワフェスティバル中止 小澤征爾さん「つらい判断」

新型コロナウイルス

[PR]

 長野県で毎夏開催される音楽祭「セイジ・オザワ松本フェスティバル(前サイトウ・キネン・フェスティバル松本)」について、28日~9月5日に予定されていたすべての有料公演が中止と決まった。実行委員会が24日発表した。本公演に先んじての一部の無料イベントは既に開催済みだが、事実上の音楽祭中止となる。

 新型コロナ禍により、実行委員会は17日、オープニングコンサート(21日)の開催中止を発表。以後の公演チケットを持ち、緊急事態宣言とまん延防止等重点措置が発出されている区域に住んでいる人には抗原検査キットを無料で郵送していたが、長野県にとどまらず、全国的な感染者数の高止まりが続き、医療体制も窮迫していることなどを踏まえ、中止の決断に至ったという。

 サイトウ・キネン・オーケストラの指揮はシャルル・デュトワさんと鈴木雅明さんが務め、総監督の小澤征爾さんも訪れる予定だった。小澤さんは「心が張り裂けるようなつらい判断に悲しんでいます。来年、サイトウ・キネン・オーケストラの仲間たちと一緒に、みなさんにお会いできるのを心から楽しみにしています」とのコメントを出した。

 実行委員長の臥雲義尚・松本市長は24日の記者会見で「開催をぎりぎりまで模索したが、すべての公演の中止を決定した。楽しみにしていただいたお客さま、準備を進めていただいた関係者の皆さまには大変申し訳ない」と述べた。

 無料の展示会は、予定通り9月12日まで開催する。公演中止に伴うチケットの払い戻しの詳細は公式ウェブサイトで公開する。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]