工藤会総裁に死刑判決 ナンバー2には無期懲役判決

有料会員記事裁かれる工藤会

[PR]

 4件の市民襲撃事件で殺人罪などに問われた特定危険指定暴力団工藤会北九州市)のトップで総裁の野村悟被告(74)に対し、福岡地裁(足立勉裁判長)は24日、求刑通り死刑を言い渡した。福岡地検によると、指定暴力団の現役トップに死刑判決が出るのは初めてとみられる。

 ナンバー2で会長の田上不美夫被告(65)には無期懲役(求刑無期懲役、罰金2千万円)を言い渡した。

 両被告は1998年に北九州市で元漁協組合長の男性(当時70)が射殺されるなどした4事件について、実行役の工藤会系組員らに犯行を指示したとされ、殺人と組織犯罪処罰法違反(組織的な殺人未遂)、銃刀法違反の罪に問われた。

 判決は、4事件いずれも両被告が共謀したと指摘。殺人罪などに問われた98年の事件について、野村被告が犯行を指示したと認定した。2012~14年に元福岡県警警部らを襲ってけがをさせたとして組織犯罪処罰法違反罪などに問われた3事件については、野村被告の指揮命令に基づいて襲撃が実行されたと認めた。

 公判は、両被告からの指示を裏付ける明確な証拠がない中、暴力団の組織性を根拠にトップらの指揮命令を認めるかが最大の争点だった。両被告はともに事件への関与を否定し、無罪を主張していた。

 4事件では、いずれも実行役…

この記事は有料会員記事です。残り145文字有料会員になると続きをお読みいただけます。