介護施設の利用料アップ、うちは対象? 「線引き」解説

有料会員記事

石川友恵、畑山敦子、編集委員・清川卓史
[PR]

 特別養護老人ホームなどの介護保険施設で、一部の高齢者の利用料が8月から大幅に上がりました。負担増になるかどうかは、その人の年金額や預貯金額などによって違ってくるので、複雑です。

 そもそも、なぜ支払う額が増えるのか。介護保険を使ったときの自己負担(1~3割)が増えるわけではない。介護保険施設の食費や部屋代の負担を軽くするための補助(補足給付)が減額・縮小されるためだ。

 この見直しは、特養や介護老人保健施設介護医療院などで暮らす人と、在宅介護で施設のショートステイ(短期入所)を利用する人にかかわる。有料老人ホーム認知症高齢者グループホームの場合は補足給付がないので、影響はない。

 厚生労働省によると、今回の見直しで約27万人の負担が増える。どんな人の負担がどれぐらい増えるのか。一覧にまとめた=下図。

 負担増の可能性があるのは…

この記事は有料会員記事です。残り1230文字有料会員になると続きをお読みいただけます。