消防署員、インスタで時計を宣伝し報酬 減給処分に

[PR]

 消防署員であるにもかかわらず、自身のSNSで企業の商品の宣伝をしたとして、東京消防庁は24日、日野消防署の男性消防司令補(49)を減給100分の20(1カ月)の懲戒処分とし、発表した。消防司令補は「フォロワーから認められたいという承認欲求を満たすためにやった」などと話しているという。

 同庁によると、消防司令補は2017年11月ごろから今年2月ごろにかけて、自身のインスタグラムで時計やレジャー用品を宣伝し、見返りに商品を無償で受け取っていた。

 企業から依頼を受けて応じたという。また、消防司令補は雑誌の取材を受け、報酬も受け取っていた。商品の代金と受け取った報酬は計約50万円に達したという。

 今年2月下旬、東京消防庁トップの消防総監あてに匿名の投書があり、同庁が消防司令補に事情を聴いたところ、認めたという。