自宅療養者数5千人分を過大計上か 埼玉県

新型コロナウイルス

川野由起、贄川俊
[PR]

 埼玉県は24日、新型コロナウイルスに感染したとして県のホームページで公表していた自宅療養者の数を過大計上していたと発表した。23日時点で1万8674人としているが、5千人以上が自宅療養を終えているとみられるという。引き続き、確認作業を進める。

 県が自宅療養者の健康観察を委託している「宿泊・自宅療養者支援センター」の療養解除を把握する業務が、感染者急増を受けて滞ったため。感染状況の実態把握が困難な状況にある一端が浮き彫りとなった。

 県によると、1千人以下だった自宅療養者が7月下旬から急増し、8月22日時点で2万758人まで増えた。これに伴って入院率(陽性者のうち入院している人の割合)も低下。直近では、東京の入院率が8・7%、千葉7・9%、神奈川9・5%なのに対し、埼玉ではそれらの半分程度の4・4%(22日時点)となっていた。(川野由起、贄川俊

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]