パラ聖火、最後は3人で点火 車いすテニスの上地結衣ら

[PR]

 車いすテニス女子の上地結衣はボッチャの内田峻介、パワーリフティングの森崎可林と聖火台に火をつけた。大坂なおみが五輪で同じ大役を務めただけにテニスつながりとなった。

 パラリンピックは3回目の出場だ。4大大会優勝を経験するなど、金メダルが有力視されていた2016年リオデジャネイロ大会は、シングルス銅メダル、ダブルス4位だった。「メダルを取ってたくさんの人に声をかけていただいて良かったなと思う一方、5年経っても悔しさは鮮明に覚えている」という。自国開催の今大会は「欲張りですけど、精いっぱい力を出せた上で金メダルだったら一番うれしい」と語る。