秋田県、河川敷でのBBQ禁止 知事「声が大きくなる」

新型コロナウイルス

増田洋一
[PR]

 秋田県は24日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、県が管理する河川敷や海岸、公園、キャンプ場などで当分の間、バーベキューなど飲酒を伴う大人数での飲食を禁止することを決めた。

 バーベキューを通じた感染が、由利本荘保健所管内でのクラスター(感染者集団)など県内で数件起きているという。佐竹敬久知事は「屋外でのバーベキューは声が大きくなるので感染しやすい」と説明した。

 従わなくても罰則はない。注意喚起により感染リスクを抑えるのが狙い。佐竹知事は報道陣に「県民の良識を信頼する」と述べた。

 県は国や市町村にも、それぞれが管理する河川敷などの公共用地でバーベキューなどを禁止するよう要請した。県管理の河川敷などは県、その他は自治体や国の職員が巡回し、バーベキューなどをしている人を見つけた場合は、やめるよう求める。民間キャンプ場は禁止の対象外だが、管理者が見回りをして利用者に注意を喚起するよう求める。(増田洋一)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]