白金高輪駅で硫酸?かけられ通行人けが 野球帽の男逃走

有料会員記事

【動画】硫酸かけられ?地下鉄白金高輪駅で通行人がやけど。警視庁が防犯カメラの映像を公開した=岩田恵実撮影
[PR]

 24日午後9時10分ごろ、東京都港区白金1丁目の東京メトロ白金高輪駅で通行人が薬品をかけられてけがをした、と119番通報があった。

 東京消防庁によると、20代前半の男性が顔と背中にやけどを負い、30代前半の女性が足にけがをした。2人は意識があり、命に別条はないという。中年とみられる男が男性に硫酸をかけたとみられ、警視庁が傷害事件とみて行方を追っている。

 男性は駅の改札と地上の2番出口を結ぶエスカレーターの踊り場付近で、小瓶に入った硫酸とみられる液体を男にかけられた。近くにいた女性は滑って転んだとみられる。

 逃げた男は40~50代で、身長175センチほど。黒い靴と野球帽姿で、白いマスクをしていた。現場から北の麻布方面に逃げたという。

 近くにいた男性会社員による…

この記事は有料会員記事です。残り229文字有料会員になると続きをお読みいただけます。