主役の車いす少女は演技経験ない生徒会役員 パラ開会式

野村周平
[PR]

 24日夜の東京パラリンピックの開会式で、車いすに乗って「片翼の小さな飛行機」を表情豊かに演じた和合由依さん(13)は演技経験はなかったが、5千人以上が参加したオーディションに合格した。

 実際に面接して起用を決めた演出家のウォーリー木下さんは「表現に貪欲(どんよく)で、純粋な面と大人っぽさがある。彼女なら大役を務めてもらえる。彼女に日本中、世界中の人が魅了されていると思っている」と話す。

 和合さんは東京都内の中学2年生。先天性の病気で、両足と左手が自由に使えない。学校では生徒会の役員を務めたり、吹奏楽に親しんだり。「よくしゃべる、よく笑う、友達が多い、コミュニケーション能力がある、などとよく言われます」

 式の終盤では、約20メートルの滑走路を車いすで自分で走るシーンがあった。左手が自由にならない和合さんにとって、車いすを自在に使うことも容易ではないというが、この日のために練習を重ねた。

 和合さんは「周りのパフォーマーの方たちを見て感動することも多くて、自分がその場にいられることはすごいことだな、とワクワクしていた。そういう人たちと今回出会えたことは奇跡だと思うから、大切にしたい」と語った。

 大役を果たし、舞台裏では号泣したという。式典の広報担当者は「周りのキャストが声をかけて、ご両親が抱きしめていた。思いがあふれたんだと思います」と開会式後の様子を説明した。(野村周平)