バイデン氏「退避完了は8月末」 アフガン情勢で見通し

有料会員記事アフガニスタン情勢

ワシントン=大島隆 バンコク=乗京真知
[PR]

 バイデン米大統領は24日、ホワイトハウスで演説し、アフガニスタン駐留米軍による米国民らの退避作戦を、予定通り8月末までに完了する見通しを明らかにした。24日の主要7カ国(G7)首脳会議で各国首脳に示したという。

 バイデン政権は8月末までの米軍撤退方針を示していたが、バイデン氏は、米国民や通訳などのアフガニスタン人協力者の退避が月内に完了しない場合は、米軍の撤退期限を延長する可能性も示唆していた。

 バイデン氏はこの日の演説で「我々は現在、(退避作戦を)8月31日までに終えられるペースだ」と明らかにし、期限の延長には言及しなかった。また、米軍の現地での活動が長引けば、過激派組織「イスラム国」(IS)系勢力による空港への攻撃のリスクが高まるとの認識も示した。アフガニスタンで米国と協力してきた英国などほかの北大西洋条約機構(NATO)加盟国は、米軍撤退期限の延長を求めていた。

退避困難な場合のプランも指示

 一方でバイデン氏は、月末ま…

この記事は有料会員記事です。残り1230文字有料会員になると続きをお読みいただけます。