• アピタル

高熱の60代男性、30超の病院に受け入れ断られ死亡

酒井祥宏
[PR]

 千葉県市川市で今月中旬、発熱症状があった男性(62)を救急搬送しようとしたところ、三十数カ所の病院に受け入れを断られ、通報から約4時間後に搬送された病院で死亡が確認されたことが市消防局への取材でわかった。新型コロナウイルスの感染は不明という。

 市消防局によると、男性は18日午後9時15分ごろ、市川市内の自宅トイレで倒れているのを親族が発見、119番した。救急隊が駆けつけたところ、男性は意識不明で38・9度の発熱があった。消防は症状を伝えて受け入れ先を探したが、「原因不明の発熱があるため、受け入れは難しい」などとして約3時間にわたり三十数カ所の病院に断られたという。

 約4時間後の19日午前1時5分ごろ、男性は約50キロ離れた県東部の病院に搬送されたが、死亡が確認された。脳出血の症状があったが、新型コロナに感染していたかは不明という。

 市消防局は「すぐに病院に搬送したかったが、発熱の症状があると、受け入れ先を見つけるのが非常に難しい状況になっている」と話している。

 千葉県内では17日、新型コロナに感染した妊婦が入院先が見つからないまま自宅で出産し、新生児が死亡する事案が起きている。(酒井祥宏)