「和牛のサシ」3Dプリンターで再現 培養肉ステーキに

有料会員記事

矢田文
[PR]

 大阪大学凸版印刷などの研究チームが、和牛のようにサシ(筋肉の中にある脂肪)の入った培養肉を、立体的なものをつくれる3Dプリンターでつくる技術を開発した。金太郎飴(あめ)のように培養肉の線維を束ねてつくることから、生成方法には「3Dプリント金太郎飴技術」と名付けた。

 培養肉とは、牛などの生きた動物から取り出した少量の細胞を、人工的に増やしてつくる肉のこと。人口増加による食料危機や家畜数の増加による温暖化への対策などとして、注目が高まっている技術だ。

 現在つくられている培養肉は、主に赤身となる筋肉の細胞からつくられる。線維も短く切れていて、ミンチ肉のようにばらばらになっているものが多い。実際の肉のように線維がそろっていないため、かみ応えはあまりなく食感は柔らかい。

 そこでチームは、線維が同じ方向にそろった、肉本来の味わいを楽しめるステーキのような培養肉をつくることにこだわった。

 筋肉の細胞以外に、サシとなる脂肪や血管になる細胞の増殖方法を発見。さらに、できあがった筋肉、脂肪、血管の細胞を、3Dプリンターを用いて、直径0・3~0・6ミリの細長い線維状にし、何本も束ねて、一つの肉の塊にすることに成功した。

 阪大の松崎典弥教授によると…

この記事は有料会員記事です。残り355文字有料会員になると続きをお読みいただけます。