「孤独のグルメ」の源流 アラン・ドロンのような人が…

有料会員記事

聞き手・野城千穂
[PR]

 スーツ姿の中年男性がひとり黙々と食を楽しむ。その様を淡々と映し続けてきたドラマ「孤独のグルメ」(テレビ東京系、金曜深夜)が、放送開始から10年目に突入した。原作者で、ドラマの音楽も担当する久住昌之さん(63)に聞いた。

 原作の漫画は、僕と谷口ジローさん(2017年に死去)が20年以上も前に描いたものです。今でもドラマが続いているのが、なんだか不思議な感じです。

 漫画は、文庫本を半年に1回ずつ3千部増刷するような、ジワジワとした売れ行きでしたが、ドラマもジワジワ。大々的に宣伝するのではなくスルッと、2012年に始まりました。テレ東の深夜番組で「めざせ視聴率2%」と言ってね。まあ今でも「夢の4%」なんて言っていますけど。とにかく、野望も欲もなくやってきました。

 亡くなった谷口さんがよくおっしゃっていました。「とにかく僕は、何度も何度も読んでもらえる漫画が描きたい」と。1コマ描くのに1日がかり、というのが当たり前なくらい、背景もすごく細かく描いてくれた。

 何でそんなに、と聞いたら「大きな見せ場も何もない、ひとりの男(井之頭五郎)が食べるだけ。でも五郎の気持ちを伝えるにはちゃんと描かないとだめなんだ」と言う。

コロナ禍の放送 「この作品があって良かったのでは」

 ドラマのスタッフも、その精神をよく理解してくれています。納豆をかき混ぜるのを30秒撮り続けるのが、孤独のグルメなんです。

 店探しも、店側との関係づくりも、本当に苦労して丁寧に撮影しています。いまも放送が続き、再放送も見ていただけるのは、見るにたえうる丁寧さゆえだと思います。

 淡々と続けてきた中でのコロ…

この記事は有料会員記事です。残り1000文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら