神戸国際大付、長崎商に延長サヨナラ勝ち 西川が決勝打

[PR]

(25日、高校野球選手権大会 神戸国際大付6-5長崎商)

 神戸国際大付がサヨナラ勝ち。十回2死二、三塁、主砲・西川侑志が左前へ2点適時打を放ち、接戦に終止符を打った。投手陣は計10四死球と苦しんだが3投手の継投でしのいだ。長崎商は八、十回に、いずれも2死から大坪迅が適時打を放つなど粘りが光った。