香取慎吾さん、丸の内に店舗オープン 服や雑貨販売

写真・図版
香取慎吾(右)とスタイリストの祐真朋樹
[PR]

 タレントの香取慎吾さんとスタイリストの祐真(すけざね)朋樹さんが手がけるファッションブランド「ヤンチェオンテンバール」の店舗が、東京・丸の内に移転し、25日に開店した。コロナ禍での路面店オープンとなったが、香取さんは「小さくてもいいから、一歩ずつ進みたいなと感じています」と朝日新聞の取材に話した。

 同ブランドは、2018年8月に帝国ホテルプラザ東京(東京都千代田区)の一角でスタートし、今年で3周年を迎えた。三陽商会とコラボレーションしたコートのほか、イタリアの「マルニ」など、さまざまなブランドと協業した服やバッグ、アクセサリーや生活雑貨などをつくってきた。

写真・図版
「アナ・スイ」とコラボレーションした洋服などが並ぶ店内

 開店に先がけた24日、店内が報道陣に公開され、香取さんと祐真さんが朝日新聞の取材に応じた。

 香取さんは「(新型コロナ禍…

この記事は有料会員記事です。残り738文字有料会員になると続きをお読みいただけます。