五輪警備の警察官、さらに1人感染 岡山県警から派遣

新型コロナウイルス

[PR]

 警視庁は25日、東京五輪の警備などを担う特別派遣部隊(特派)として岡山県警から派遣されていた男性警察官1人の新型コロナウイルス感染が新たに判明した、と発表した。特派の感染者は計81人となった。

 新たに感染が判明した警察官は大会期間中、会場周辺の警備を担当していた。勤務中、一般の人や大会関係者、選手との濃厚接触はなかったという。すでに感染が判明していた同県警の6人と同じ宿舎の部屋に滞在していた。現在、無症状だという。

 感染した81人の都道府県警察別の内訳は、兵庫34人▽和歌山17人▽山形14人▽岡山7人▽大阪3人▽長崎2人▽宮崎、大分、愛媛、秋田が各1人。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]