14歳の山田美幸が銀 全競技を通じ日本勢最年少メダル

[PR]

 東京パラリンピック第2日の25日、競泳の女子100メートル背泳ぎ(運動機能障害S2)で、山田美幸(WS新潟)が今大会の日本選手メダル第1号となる銀メダルを獲得した。山田は今大会の日本選手団最年少の14歳11カ月で、全競技を通じて日本勢最年少のメダリストとなった。

 山田は新潟県阿賀野市の中学3年生。生まれつき両腕がなく、足にも障害がある。昨年2月、運動機能障害で2番目に重い「S2」クラスになった。このクラス変更により、女子のS2で唯一種目がある背泳ぎを猛練習した。この日は予選を3位で通過し、8人による決勝で2分26秒18をマークした。