「とにかく急がないと」 迫る米軍撤退、退避作戦に限界

有料会員記事アフガニスタン情勢

佐藤達弥、松山尚幹、成沢解語
[PR]

 バイデン米大統領が、アフガニスタン駐留米軍による米国民らの退避作戦を予定通り8月末までに完了する見通しを明らかにしたことを受け、日本政府は自衛隊輸送機による退避作戦を急いでいる。政府関係者によると、日本時間25日夜、拠点を置いた隣国パキスタンの首都イスラマバードを輸送機が発ち、アフガニスタンのカブールに向かった。到着次第、退避する人を運び始める。米軍は順次退く見通しで、現地で自衛隊が活動できるのは短期間とみられる。

 政府は、自衛隊法84条の4の「在外邦人等の輸送」に基づき、輸送機のほか、先遣隊を含め約300人の自衛隊員を派遣している。輸送機がカブールとイスラマバードの間をピストン輸送する段取りだ。

 カブールの空港を管理する米軍が撤退すれば、安全確保は難しくなるため、自衛隊関係者も27日ごろまでが活動の限界とみる。官邸幹部は「月末いっぱいまでの輸送はできない。とにかく急がないといけない」と焦りを深める。

 輸送機に乗せる対象は、国際機関で働く「若干名」の日本人職員や、日本大使館国際協力機構(JICA)のアフガニスタン人などの現地スタッフら。その家族を含めると、計数百人にのぼるとみられるが、自力で空港に来てもらわなければならないため、数は読めない。輸送機が空港に滞在できる時間も短時間とみられ、どのくらい往復できるかも見通せない状況だ。

 外務省は日本のNGOや、ア…

この記事は有料会員記事です。残り239文字有料会員になると続きをお読みいただけます。